sa7toの趣味全開!

私が教えてあげたいことを、趣味全開な私の日常を語りながら紹介していくブログです。読んで、知ってるなら知ってるで知らなかったらヘェ〜ってくらいで構いませんので、気軽に読んでみて下さい。

ツキステ。vol.1

皆さんおはにちばん(*゚▽゚*)ノ

 


                                              sa7to(さなと)です(・ω・)ゞ

 


いつも、閲覧、はてなスターありがとうございます😊

 

今回は、私が大好きな舞台「ツキステ。」の第7幕発売記念イベントが6月2日にあったので、そのお話をしようと思います。

 

■ツキステ。第7幕って?


第7幕は実はと言うと、私はまだツキステ。にハマる前に公演されたものだったためまだ、観ていない。

 

あらすじは、12月某日に助けを求めるクリスマスの妖精、ミニトナカイの中井さんと共に、グラビ・プロセラが妖精界を救う物語になっている。

(これだけでは、どんな世界感やねんって皆は思うだろう。)

 


今回はその7幕のBlu-rayが6/28に発売記念するための発売記念イベントだ。

 


登壇者は、

 


如月恋役  横尾瑠尉さん

師走駆役  輝山立さん

皐月葵役  上仁樹さん

弥生春役  松田岳さん

神無月郁役  三山凌輝くん

水無月役  佐藤友咲さん

長月夜役  秋葉友佑さん

文月海役  土井一海さん

霜月隼役  TAKA(CUBERS)さん

コロッケ役  松岡拓弥さん

 


である。

 

■イベント内容は?


まず最初のコーナーは、第7幕の振り返りのコーナーだ。

 

シーンを見て役者達がこんなことあったなと振り返るコーナーだ。私は、観に行ってないのでこんなシーンもあるんだと思いながらも、役者達の話を聞いて笑っていた(6/28を過ぎてBlu-rayが来てからはばっちし観たが、腹筋が壊れるほど面白かった)。

 

最後に、主題歌を歌いながら踊るシーンが流れたのだが、その合間に師走駆役の立さんが黄色いジャケットに星型(確か星型だったと思う)のサングラスを付けて登場した。

この格好の時の立さんは「バラシブラザーズの弟」というツキステ。ではお馴染み(になりつつある)キャラである。そのバラシブラザーズの弟が、何人かの恥ずかしい話をばらした後、最後に第7幕の主題歌を踊って欲しいと言った。そして、一番最初に間違えた人はバツゲームを。一番最初に間違えたのは上仁樹さんと松田岳さんだった。そして、その内容は一発芸だ。二人ともこの分野はあまり得意ではないので、軽くすべっていたが、私はゲラなのでそれすら面白かった

 

次のコーナーは、ゲームコーナーで「いっせーのーせ」といって親指を立てて、その親指が立った数と言った数が合っていれば勝ちというゲームを、立ったままだったり座ったりと体全体を使うというルールでゲームをした。もちろん最後まで残った人にはバツゲーム付きで。で、最終的に残ったのは、先程バラシブラザーズの弟として、バラシまくった輝山立さんだった。結果は、樹さん、岳さんと同様なので省略する。

 

そして、振り返りとゲームが終わって、プレゼントコーナーがあった。プレゼントは、第7幕の今回登壇したメンバーのサインいりポスターだ。抽選により3名のひとが選ばれる。私はこういった運がないためもちろん、外れた。

 

 ちなみにだが、抽選を引いたのが樹さん、岳さん、そして立さんなのだが、樹さん、岳さんは順調に引けたのだが、立さんだけがなぜか当選者がなかなかおらず(何席か空席があったため)、3回目くらいに当選者が現れたのが私的ツボだった笑


そして、最後にキャスト達のコメントがあり、イベントが終了した。

 

■まとめ


リリイベは今回初めてだったので、どんなものなんだろうと思っていたが、メンバーがメンバーだったため、すごく楽しめた。

 


やはりツキステ。メンバーはどこか安心する所がある。

本当に家族団欒を見ているようなそんな感じがするのだ。

 


実際、第8幕を観に行ったが、本当に距離が近くてすごい安心感を与えてくれた

 


本当にツキステ。はなんとも不思議な劇団である。

でもそこが魅力の1つだと私は思う。

 


そして個人的な悲報だが、そのリリイベが終わったあと、高田馬場(イベント会場)から東京駅に着いた頃、忘れ物をしたことに気がついた。そして、わざわざ取りに行ったがもう、主催者達は帰ってしまい、「忘れ物」「なくしもの」となった。

 


なぜ、忘れ物を取りに行ったかというと、レジ袋を忘れたのだが、中には、お茶、お菓子、本2冊、そして、お気に入りでいつでも見れるようしおり代わりにしていた上仁樹くんのブロマイドが入っていたからだ。大分、お気に入りだったので、無くしたのは相当ショックだった(´・_・`)

 


まぁ、まだ1枚あるのだがな。

 


そして、忘れ物に気づく前、まさにリリイベが終わった直後の帰り。

ふと、高田馬場の景色を見渡した。その時に思ったのが「やっぱり、東京はいいなぁ」だった。1番最初、初めて東京に来た時のイメージは、キレイなんだけどどこか汚い、住みにくそうなイメージがあった。でも、何度か足を踏み入れていく中で、どこもとても住みやすそうだなと改めて思った。特に電車賃がめちゃくちゃ安いことに驚いた。関西というか、私がいる尼崎から大阪まで15分かかるか、かからないかで240円だが、こっちは高田馬場から東京まで30分かかるのに194円で済むのだ。本当に安い

やはり住むなら東京だな(`・ω・´)

 

でも、私は体調を崩しやすい。「舞台女優」を目指している身としては直さなければ点なんだが、そこがとても心配だ。

 


それさえ、克服すれば大丈夫なハズ。

 


今日は、ここまで!長文で読みずらかったと思いますが、ここまで読んでくれてありがとうございます(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 


それでは皆さん

 


「頑張らず」に「がんばり」ましょう(・ω・)ゞ

 

 

 

あと、Twitterインスタもよろしくです(^∀^)ゞ

Twitter:

sa7to-さなと-(・ω・)ゞ (@sa7to1995) | Twitter

Instagram:

https://Instagram.com/sa7to_95

 

 

あと、下のボタンをポチッとなしてくれると嬉しい↓


役者ランキング